研究概要

研究室のテーマは,「流体工学」および「レオロジー」です.
流体工学とは,連続体力学の一分野で「流体の変形·流動」を扱う学問であり,レオロジーとは,「物質の変形·流動」を取り扱う学問です. そのため,扱う対象が多岐にわたっています.

本研究室では,複雑流体(非ニュートン流体)およびファインバブル(微細気泡)に関する挙動·現象を実験·数値計算の両面から解明し,工学的アプリケーションを模索することを目的としています.

流体工学研究室に配属希望の方へ

当研究室では,「複雑流体」や「ファインバブル」と呼ばれる複雑な挙動を示す流体を対象とし,現象の解明を行っています.基礎研究から応用研究まで幅広く扱っています.なお,論文輪講や数値計算などの研究補助となるゼミも行っています.

学部4年時の卒業研究は,教員や大学院生と共同で行います. 研究に関係するイベントとして,4年生は,研究室内の中間発表会(8月),長岡技術科学大学との合同中間発表会(12月)と卒業研究発表会(2月)があります(コロナ禍のため,オンライン開催).

大学院生(博士前期課程)は,修了までに最低1回は学術講演会で発表することになっています. 近年の大学院生(博士前期課程)は,2年間で平均3回程度発表しており,国際会議の場でも発表しています. また,修了後,博士後期課程へ進学し,博士号を取得できる研究環境が整っています.

なお,研究以外にも楽しい研究室イベントがたくさんあります(コロナ禍のため,自粛中ですが・・・).